まぶたに小顔注射する場合の注意

まぶたに小顔注射する場合の注意

クリニックや医師の問題なのか、痛みに対する感覚の個人差なのかは分かりませんが、不安な場合は麻酔をしてもらうと良いでしょう。ネットの口コミを見てると、まぶたへのBNLS注射で痛みを感じている人もいるようです。

施術の時間も短いですし、針が細いので、麻酔なしでも十分に我慢できる痛みだと思います。医師に診断してもらった上で無いと、施術しても効果がない可能性があるのです。

BNLS注射のまぶたへの効果と、施術の痛みについて解説します。ただし、まぶたが腫れぼったくなっている原因は皮下脂肪とは限りません。

まぶたのような小さな部位へのBNLS注射を行う場合、麻酔をしない場合もあります。まぶたのBNLS注射は5分〜10分程度で終わりますし、痛みも軽いのでご安心下さい。

目の周りを覆っている眼窩脂肪だったり、皮膚の厚みや筋肉が原因という可能性もあります。皮下脂肪を減らす効果があるBNLS注射。

なお、腫れぼったい瞼の原因が眼窩脂肪だった場合は、手術で除去することが可能です。そのため、BNLS注射がまぶたに効果があるかどうかはその人次第。

まぶたに溜まっている脂肪が皮下脂肪であれば、効果的な施術だと言えるでしょう。